植物・ハーブ

蜜蝋キャンドルを作って来ましたよー♪

蜜蝋からキャンドルを作る作業を体験させて頂きましたよ~

伺いましたのは、石狩で自然養蜂を営み、

非加熱の蜂蜜を作っていらっしゃる ラ・ターブルベールさんです。

ハーバルセラピストのセミナー繋がりで、ご縁が産まれました

(アロマ&ハーブのご縁、バンザ~イ

去年、養蜂体験をさせていただいたレポ→養蜂体験に行って来ましたよ

Dsc09549

はじめは地味すぎる作業から、何日もかけて、

たくさんのひとの手を介して、ターシャテューダが作っていた

みつろうキャンドルを作ることが出来るなんて、

なんと貴重な体験だったでしょう

今後、ワークショップ等も企画されていくようなので、

このワクワクした気持ちを、我先にと伝えたく、←利己的(汗)

今回レポートさせていただきます☆

今回、私が体験した、蜜蝋キャンドル作成は、

もう、使わなくなったみつばちの巣から作ります。

スキンケア用の蜜蝋は、綺麗な無駄巣から作るそうなので

別物です~

Img_2340

Img_2426

はじめの・・・このような状況から一次精製は始まります

皆様、ゴミじゃないですよ~

こちらが大変身する、癒しの・・・宝の山になっていくのです

Img_2428

お湯を加えて巣を溶かします。

蜜蝋の融点はざっと言うと約65℃

あたたまると、どろどろになります。

溶ける間、皆様にはこちらのガーデンの

可憐なスノードロップをどうぞ!

Img_2166

Img_2109

Img_2188

このガーデンの主役、みつばちさんが

早春の花の蜜をごっくんごっくん

はちさん、まっしぐらですな


さて、これから精製しますよー!

Img_2450

一次精製は、ひたすら不純物除去作業

Img_2452

いらっしゃった蜂蜜ファンの沢山の手と手

そして、ほのかに香る蜂蜜の甘い香り・・・

癒されながら作業できて、皆さん満足気

ママさんだけでなく、お子さんも、楽しく体験されてましたよー

Img_2440

沢山の不純物が出ますが、これも集めて燃料に使うそうです!!

私はそんな考え方が大好きで、とっても共感できました。

Img_2475

不純物をあらかた除去したら、お湯を入れた別の容器に

濾しながら移します。

蜜蝋は水より軽いので、上方に綺麗な蜜蝋が浮いてきます。

Img_2482

温度が下がると分離して固まってくるはず!

一次精製はこのような流れで行われました。

同じ作業を繰り返し、固まって取り出された蜜蝋さん↓

Img_2405

Img_2407

別の日・・・

この日も精製作業です!

今度は、さらに不純物を除去していきます~

Dsc09673

(後姿だけ登場させて、失礼いたしましたm(_ _)m)

塊となった蜜蝋を、鍋に入るくらいの大きさにカットします。

これが、切れないんですよ~~~

子供たちも手伝って、四苦八苦しながら切り出します。

ほのかに香る蜂蜜の香りに誘われて、みつばちもやってきます。

Dsc09686

切り出していただいている間に、

ガーデンの土筆の芽だしをご覧ください~♪

Img_2927

にょきっ

Img_2924

Dsc09688

大変な思いをして切り出した蜜蝋を、湯せんにかけて

溶かしていきますよ~!

溶けたら細かい不純物を濾します~

Dsc09690

Dsc09694

Dsc09697

じゃーん

綺麗な黄色の、キャンドル用蜜蝋が出来ました

次回はいよいよキャンドル作成ですっ

さて、また別の日・・・

Dsc09776

まずは、キャンドルの芯を作成します。

芯ができたら、いよいよ始まりますよ~

Dsc09784_2

いい香りがしますよ~ ←いい香りフェチ

Dsc09778

ぽちゃん・・・

一回目だけ、芯に蜜蝋をじっくり吸収させます。

泡が出なくなったらOK!

Dsc09779_2

ゆっくり引き出して、温かいうちにキャンドルの形を調整します。

(はじめの、この作業が肝心です!!)

Dsc09780

はじめは、ほそ~い

Dsc09789

二回目からは、すっと入れて、す~~~っと出し

蜜蝋の雫を切って・・・

Dsc09796

固めます。

この作業の繰り返しです。

Dsc09790

この作業が、なんとも楽しい

こころはもう、ターシャになってます

Dsc09787

Dsc09793

大人もちびっこも楽しく作業

(可愛いちびっこ写真がありますが、ここでは失礼いたします)

Dsc09800

だんだんキャンドルになっていく姿を見て、ニヤニヤ・・・w

Dsc09812

Dsc09815

Dsc09813

完成真近のキャンドルです

勿体無くて灯せないけど、

灯してみたいジレンマに襲われますな

オーナーさんや、指導していただいた方、

どうもありがとうございました

そして、またここで新たな出会いがありました。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長島司先生のスペシャルセミナーに行ってきました!

昨日は、長島司先生のスペシャルセミナーへ参加してきちゃいました

Dsc05936

1本目は、LLi抽出のワークショップ!

内容について詳しくレポすることは避けますが、

ハーブの成分を有効的に抽出できる方法を学べました。

この資料は私にとって家宝となりそうです。

手作り石鹸や手作りコスメにはまっている方は、ヨダレモノですよ!

じっくり読み解きをして、自分のものにしたいと思います。

私、正直、以前の様な強い情熱が薄れて来ていたのは確か。

このワークショップをきっかけに、また、私の世界が拡がっていく・・・

そうなったらいいなと。思います。

まぁ、そんな私のことはいいのですが、とにかくセミナーが決定したときより

待ち遠しくてドキドキし、緊張し、ニヤニヤしていまして・・・しょうがないヒトでしたw

抽出を行うハーブは、エゾアカマツ、オカムラサキ、ローズマリー、

カレンデュラなどなどから一つを選びます。

(一つ選択するのが難しい程魅力的な色のチンキたちでした)

私が選んだのは・・・

抗炎症作用を期待!

Dsc05928

兵士の傷薬:セイヨウノコギリソウですね。

(まぁ、先日捻挫してシーネ固定中の夫のヒトに使ってみようかと)

Dsc05946

↑一番人気のカレンデュラ

計量する方の手がきれいです

ピアノを弾いているかの如しですな

Dsc05950

Dsc05966

私のアロマ&ハーブの先生(←先生のHP)が、

真剣に計量する姿に萌える・・・

Dsc05960

この色に萌えまくって、挙動不審気味・・・

Dsc05970

先生のアカエゾマツさんとのコラボ写真

Dsc05964

こちらはカレンデュラ

元気爆発カラーですね

どのチンキも、使っているハーブが元気で生き生きしているせいか、

存在そのものが光ってます

Dsc05967

(にまにましています)

Dsc05980

この後は下の液体を吸い取って、あとは自宅での作業。

今は静かに分離させてますので、

明日あたりにでも再度分離作業をしますね!

第2部は、グリーンフレグランス作り。

創香にチャレンジです!

アコード(調和)・ゆらぎなどのキーワードに沿って、

貴重な精油を使っての香り作りです!

講義を伺っていて、しっくりきたのが、音楽に例えての説明。

先生の価値観や世界観が、お話からじんわりと伝わってきました。

そして、そのお話は、本当にわかりやすかった!

(あ、資料に記載されている事項は、結構難しいことが書いてあるのですが、

なるべく理解しやすいように、資料作りをされていることが感じられます)

相当な専門知識と経験をお持ちなのに、

威圧感を感じさせず、優しくお教えいただけました。

何時までもお話をお聞きしたかったなぁ・・・

と、言うことで(?)←いや、また長くなったらアレなので

私のグリーンフレグランスは・・・

Dsc06004

ローズウッドを中心とした香りで構成

「散歩中に森の中に入り込んだ。

葉っぱが茂っている森は所々に薄く光が入ってます。

なにやら甘い香りや針葉樹の香りがしてきます。

この木は、何という木だろう?心鎮まる香り・・・

木の幹に触れてみる・・・なんだか暖かい。

木によっては、神々しく感じられる木も・・・

そして、私が進む先にうっすら甘い香りがしてきます。

????何の香りなのだろう~~??そして、また歩く(終わりは無い)」

・・・という大体のイメージ。(長いって!)

長島先生に質問いたしました所、組み立てどおり作っても良さそう・・・と!!

作った香りが↑この写真。

正直、作った直後は周りの香りでよくわからなくなっていたのか

ベースのベチバーあたりの香りが香ってしまって、

「なんだか土木作業のおじさん??」って思いましたが、

帰ってから香りを嗅ぐと、

ローズウッドに華やかなお花の香りが足されていて、さらに

拡がりを感じる香りになってました。

成功かも!!

と、冷蔵庫に入れておき、朝、そのまま香りをかいでみると

また違った香り・・・・・・・・・・・

「香りって難しい!!!」

朝からそう思ってしまいました(苦笑)

でも、楽しかったです~

こんな体験できることって、なかなかありませんから。

講習が終わった後はミニ交流会。

先生の著書にサインを頂いたり、一緒に写真に写って頂いたり!!

新しくお友達になって頂いた方が出来たりと、

人見知りの私にしては上出来の日になりましたww

Dsc06010


長島先生から頂きましたおせんべい。(ありがどうございました)

「縁円(えん)結び」(このチョイス、天才ですね!!)

アロマやハーブを学んでクラフトを作る過程で、楽しいことも

苦しいこともあったけど、このご縁で、私は救われているなぁ

ありがたいなぁ・・・

なんて、そう思いながら帰途に着きました。

私を前向きにしてくれるセミナーを、先生、どうもありがとうございました。

そして、企画の阿部さん、尾形さん、小野寺さんに感謝を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

養蜂体験に行って来ました

突然ですが、ラ・ターブル・ベールさん主催の

養蜂体験会に行って来ました

時刻は6:00

早朝なのは訳がありました。

朝イチの働き蜂さんが出かけて、帰ってくる前に採蜜するそうです。

花の蜜はサラサラと水分を多く含み、昼間採蜜してしまうと

水っぽい蜂蜜になるとの事。

夜通し蜂さんが羽で扇ぎ、水分を飛ばしてくれた美味しい蜂蜜を

頂くわけですね

Dsc09609

看板娘、ヤギのタミちゃん

ヤギが出てきた時点で、今日のイベントの感想は、

もはや最高高鳴る心

と、言う訳で、ヤギについてのレクチャーから始まりました。

(いいないいな!ヤギ!!いいないいな!!←心の声)

そして、朝露にぬれたハーブガーデンの心地いいこと!

(いいないいな!ハーブガーデン!!いいないいな!!←同じく)

もうね、がぶり寄りで写真撮ってました。

平静さを失って、ピンが来てない写真続出(通常運転)

詳しい品種まではわかりませぬが・・・↓ガーデンのお花たち

Dsc09463

ベルガモット

ビーバームともいいます。

蜜源になるそうです。

Dsc09468

メマツヨイグサ

Dsc09475

まさに可憐デュラ(カレンデュラ)

Dsc09480

ローマンカモミール

Dsc09484

エキナセア

Dsc09488

マーレイン

Dsc09502

ペニーロイヤルミント

ありんこが来なくなるということで植えたとおっしゃってました

Dsc09512

浸ってしまいました・・・

失礼いたしました、養蜂でした!

Dsc09518

本日は、本格的に蜂さんに近寄ることになります。

刺されぬよう、きちんと防護服を準備してくれてました!

お子さんも参加していたのですが、この子達が

また可愛くて(すみません、一枚だけ・・・)

つなぎの防護服に、帽子、ネット、手袋をつけたら

蜂さんのところにGOGO!

(蜂さん苦手な方はご注意を!写真載せてます)

Dsc09520

無駄巣だ~!

Dsc09522

レクチャーをうけつつ、蜂さんとご対面です

Dsc09527

ちらっ

Dsc09532

巣箱を一段上げてくれましたら・・・

Dsc09534

じゃ~ん

Dsc09538

Dsc09543

蜂さんをゆっくりふりふりして落とし、刷毛でサッサッ

もう、ブーンブーン状態

(巣箱の入り口の前に立つときが、一番刺されやすいそうです。

ミツバチは刺したら死んでしまうので、余程のことが無い限り刺さないそうです

・・・例えば巣箱に近寄るとか、採蜜するとか)

Dsc09547

ハウスに戻り、今度は実際に蜂蜜を取り出します!

蜂蜜がいっぱい入った巣箱はずっしりと重く、

甘い香りを放っています。

Dsc09552

蜜蓋切り作業

巣穴に蜜が満タンになると、保存のために蓋を作るようです

Dsc09553

Dsc09559

切り取った蜜蓋は、蜂蜜ガムといわれてまして

頂いたのですが、これが美味しい

単糖類の蜂蜜は、速やかに身体に吸収され

エネルギー源となります。

体力を使う養蜂作業途中のおやつになるのかな??

Dsc09560

ああ~

美味しそう

しかもいい香り~~~~(いい香りにめっぽう弱い)

Dsc09566

そして、遠心分離機にかけて、ぐるぐる回します

Dsc09565

採れてきた!

いい香りでクラクラします。

しかも、香り高いシナ蜂蜜のようです(一番好きなシナだ~!)

Dsc09567

蜂蜜を絞った後の巣

軽~い!!

Dsc09568

そして、美しい

このような正確な六角形を、小さな蜂が作り出しているとは・・・

高いスキルを持ちすぎですな、蜂さんは!

Dsc09571

いよいよ、シナ蜂蜜さんの出番です~

Dsc09573

いい香り~~~~~

Dsc09574

味見させていただきましたが、

これがまた

これがまた、美味しい

フローラルだけれど爽やか、甘いけれどスキッとして

さ~っと流れるが如し。

身体にしゅ~っと入り込み、流れに乗って駆け巡る・・・みたいな

(すみません、表現が独自で・・・)

Dsc09695

帰りに、はるきちオーガニックファームさんで

野菜とともにゲット!

(シナ蜜無かった・・・

フリートークでは、沢山の蜂に関しての質問にお答えいただき

ありがとうございました。

日頃の疑問が解消されて有意義な1日でした!

体験が終わったのにすっきり帰らず(すみません)、

ハーブガーデンで伺ったお話も

お花たちも非常に興味深かったです!

だって、名前でしか見たことの無かったハーブたちが

目の前に沢山居るんですもん!!

ハーブ図鑑片手に勉強に来ればよかったと

ずうずうしい私です(再三、すみません)

Dsc09582

チャンスがあったら、また行きたいな!

ね!タミちゃん

お花第2弾↓

Dsc09579

ネトル

お花咲いてる~

Dsc09585

ヘリオトロープ

いい香りでした

Dsc09589

八重咲きのソープワート

(八重なので、全然わかりませんでした!!)

Dsc09624

フェンネル

Dsc09616

遊んでみました

Dsc09592

そして、種になっても可愛い

Dsc09604

ロシアンリコリス とのこと

変わった実を結ぶのですな

Dsc09637

Dsc09633

Dsc09629

アニスヒソップ 下は白花 とのことです

Dsc09644

どなたでしたか、お名前失認

Dsc09641

こちらの方も蜜源なのかしら?リコリスのお花かしら?

Dsc09643

コーンフラワー

Dsc09646

エキノプス・ルテニクスさん

Dsc09650

ワイルドストロベリーさん(多分)

Dsc09654

私の好きな露草も絶好調!

Dsc09667

サフラワー

Dsc09682

Dsc09677

ホーリーバジル

ステキな香り

生き物編 ↓

Dsc09671

ハチミツソウとトンボ

Dsc09683

Dsc09688

迷い込んできたアゲハ蝶

Dsc09661_2

そして、本日一番の収穫

カラミンサさん

私には、ニコニコしたメンフクロウが両羽をパタパタして

喜んでいるように見えました。

私の気持ちが反映されましたかねww

大変貴重な体験をさせていただき、

ありがとうございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月の薬草園 その2

お天気になると更新がさらに遅れ・・・

薬草園、そのほかのお花でした(5月のお花です

Dsc04114

サクッと(←?)順番に・・・

まずは、苔から

この苔、名前は調査してませんが、私好み

Dsc04119

生き生きしてます

Dsc04120

Dsc04143

オオカメノキ

Dsc04153

Dsc04147

落ちている花がらも絵になります。

Dsc04210

Dsc04162

ヒトリシズカ

Dsc04227

Dsc04207

花が出たばかりの、まだ葉っぱに包まれている時期が

特に好きです

Dsc04201

葉っぱが4枚のほうがツクバネソウ(普通は4枚、5~6枚出るときもある)

7枚のほうがクルマバツクバネソウ(葉っぱは6~8枚)

この時、ツクバネソウは咲いている株がありませんでした。

両方ともお花は地味・・・

でも、とても好きなのです

Dsc04190

葉っぱ8枚バージョン

車輪のような葉っぱの付き方なので

車葉衝羽根草と漢字では表記します。

Dsc04191

秋には、中央の子房が熟して、丸い液果となります。

(果実の分類:乾燥しているものを乾果、果皮が柔らかく

汁気が多いものを液果と呼ぶようですね)

それが羽子板の羽に似ていることから名づけられたようです。

クルマバツクバネソウの子房は初めから黒。

ツクバネソウは初めは緑で、熟すと黒くなります。

(好きなので、少しだけ語ってしまいました・・・)

Dsc04388

開いたばかりの花柱、普通は4本だけど、6本ある・・・

(おしべは通常8本ですね)←先日友人とご飯した時、

めしべが可愛いなど力説して、大変笑われたことを思い出しました(笑)

すみません、変わり者で

私も何時の間に、めしべとかおしべとかを語るようになったんだろう??

まぁ、時の流れに身を任せて、流れ着いたらこういうヒトになってしまったようです。

Dsc04195

お花の終わりごろは・・・

エレガントなバレエダンサー

この頃が好きです

Dsc04192

地味な花つながりで・・・

エンレイソウ

こちらも沢山の種類があり、見るたびに混乱に次ぐ

混乱・・・

Dsc04379

Dsc04380


Dsc04382

Dsc04396

Dsc04397

何回か説明文は読みましたが、ちんぷんかんぷんで

読み解きしていず・・・

来年以降の学習ポイントだと思いました。

Dsc04169

お花が漏斗型、茎に毛がない。

クルマバソウ(葉っぱの数は8枚のはず)

Dsc04213

フデリンドウはまだちょっと早かったようです

Dsc04218

ツルシキミ

Dsc04236

スミレもなかなか鑑別しにくいなぁ

美人さんのスミレでした。

Dsc04322

ザゼンソウ

Dsc04376

ルイヨウボタン

Dsc04368

ちょっと変わったオオバナノエンレイソウ

薬草園に行くと楽しくて、一日いっぱい居れちゃいます。

Dsc04419

おっと、温室を忘れてはいけませぬ

ヒスイカズラ

Dsc04420

なんと美しい青

Dsc04422

クチナシの花が甘い香りを・・・

Dsc04428

ココにも甘い香り、バニラの果実

Dsc04430

マダガスカルジャスミンかな?

こちらもいい香り~~~~

Dsc04432

そして、気になって観察した、サンカクバオウレン

ミツバオウレンってお花好きなんですよね。

お仲間かな????

お花を見るといつも5倍~10倍くらいの虫眼鏡が欲しくなります。

簡易なものは物足りないしなぁ・・・

もっと詳しく見たいなぁ

てか、ますます怪しげなヒトに見られても困るので

自重しておこうかな(笑)

今日から7月・・・

まだまだ、ちょっと昔の出来事更新は続きそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬草園へ、ミドリニリンソウを見にね

もう13日も連続で雨が降ってますよ

梅雨のない札幌で・・・

この分じゃ、1956年の14日連続を超えて、

新記録になってしまうんでないかしら??

そんな新記録いらないですけど・・・

というわけで、地道な更新が進むのです。

良いんだか、悪いんだか

5月の出来事(五月の出来事は沢山あるのです)

ミドリニリンソウに会いに、石狩の薬草園へ行ってきました。

Dsc04144

登ってすぐに、コゲラちゃんがお出迎え

なんだか嬉しくなってしまいます

Dsc04158

ニュウナイスズメ殿もすぐ近くで私を観察

写真には撮れなかったけど、キビタキもいました。

カッコウも鶯も楽しそう。。。豊かな山には鳥さんが沢山!

おっと、ニリンソウじゃった・・・

Dsc04199

Dsc04237

Dsc04315

Dsc04353

可愛いニリンソウを堪能しつつ、探しますよ~!

・・・しかし、探すとかそういう事ではなく

沢山咲いているのです!

無造作に・・・

普通に・・・

Dsc04181

Dsc04182

すぐに第一ミドリニリンソウ発見

と思ったら、わらわらと・・・

Dsc04259

Dsc04262

しかも美人さん揃い

Dsc04265

葉っぱと同じ緑色

かくれんぼがお上手、みどりさま

Dsc04268

Dsc04274

Dsc04287

Dsc04291

Dsc04327

Dsc04329

Dsc04344

こんな姿もけなげに見えてしまう

Dsc04346

なんと生き生きしてる事よ

可愛いね可愛いねほんとに可愛いね

って声をかけると、(すいません、不審者ではありません・・・)

まだまだ出てくるミドリニリンソウさん

Dsc04347

Dsc04275

しかも、私の大好物開きかけのお姫様が

行列をなして、わんさかわんさ~

Dsc04276

Dsc04278

わんさかわんさ~

Dsc04283

Dsc04303

いえ~い、いぇい、ぃえ~い←古い・・・

なんと素晴らしい薬草園

ありがとうございます感謝ですm(_ _)m

Dsc04255

他にもですね、ピンクが入ってるのとか

Dsc04256


Dsc04320

Dsc04317

Dsc04339

Dsc04323

つぼみもまた、良し

そして、今回のニリンソウ変り種さんは2種類

Dsc04356

茎から花びらが生えてる系~

時々あるけど、不思議やねぇ

そして、もうひとつは

Dsc04349

花と花が背中でくっついてる

シャム双生児型ニリンソウ

不思議だ・・・とても不思議だ・・・

Dsc04351

でも、異常に虫が付いてて・・・付きまくってて・・・

弱いから虫が付くのか、蜜が他の花と違うのか

遺伝子を残し生き残ろうと、何かフェロモンみたいのを出してるのか

わからないけど、不思議なお花に出会いました。

しかし、一年分のミドリニリンソウに出会って

大満足の1日なのでした

(他の花は次回・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いちめんの・・・オオバナノエンレイソウ

五月の出来事

花を探して彷徨う私

やっとこ発見

Dsc04078

土手に白いお花の群生

オオバナノエンレイソウさん

Dsc04082

それはもう、みっちみち

Dsc04083

振り返っても、みっちみち

Dsc04088

こんなに沢山の

オオバナノエンレイソウを見たのは初めて

Dsc04097

思わずパノラマで撮ってみた

(あれ?あんまり伝わらないなぁ・・・

圧倒的なお花の力に心を奪われながら

座り込む・・・

ぼんやり

Dsc04107

美人さん発見

Dsc04104

そして、

Dsc04108

非常に目立つ、手の届くところに一輪

二枚花弁が多いし、

おしべの一部が変身しかかってる

まるで

「私を見て

と言っているよう・・・

確かに目立ってましたよ

植物も、自己主張の激しい株がいるものですな

じっくり観察させていただきました

Dsc04086

また来年楽しませてくださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の妖精~春を連れてきてくれる花たち

まだまだあります~。

さぁ、ご興味のある方はなよと一緒に花の名前を

覚えてみませぬか

Dsc02359

お花ではないけど、バラの花に見えました~

カサッとして綺麗でした!

Dsc03734

カラマツの若芽

Dsc03735

これって・・・カラマツのお花??

これから松ぼっくりになるのでしょうか??

Dsc02491

ふきのとう

Dsc03584

福寿草

Dsc03479

Dsc03149

金運が良くなりそうな色だこと・・・←俗物!!w

Dsc03466

水辺に映えるヤチブキの花(エゾノリュウキンカ)

Dsc03842

水芭蕉

成長すると巨大化して、ちょっと怖い

Dsc03223

ザゼンソウ

Dsc03904

ナニワズ(&ありさん)

Dsc03157

ハクモクレン

甘く柔らかな香り

Dsc03004


あれ?この子はコブシでもないだろうし・・・

んん???

Dsc03787

フッキソウ

Dsc02853_2

オオイヌノフグリ

Dsc03972

レンプクソウの群れ

Dsc03973

とても小さなお花ですが、お花の付き方が変わってるの

不思議ですが、かんざしみたいで可愛い

Dsc03006

ハウチワカエデの花

Dsc03053

こちらはイタヤカエデのお花

カラスがいたずらして落としてました

Dsc03200

タツタソウ

Dsc03197

真ん中の×印がくっきり

Dsc03744

こういう黄色いお花は見分けが付きにくいのですが

キジムシロではないかと・・・

Dsc04031

シラネアオイ

Dsc03982

エゾノウワズミザクラ

そして、毎年必ず会いに行く、

植物園温室の妖精・・・(脱線してきました)

Dsc03165

可愛い

Dsc03167

毎年、この妖精に会えるのを楽しみにしています

温室といえば・・・違うとこの温室なのですが、

ラン展で発見!!

Dsc02105

二羽の鳥が羽を広げて踊っているみたい

Dsc02136

楽しい発見

北海道の春なのでした。

(ひとまず、このシリーズは終了)

5月の初め位までの写真でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の妖精~桜

今年は早くから暑くなったため、桜の開花が早まりました。

だからかな?いつもより桜の写真が少ないのは・・・

Dsc03303

Dsc03035

Dsc03033

透明感が好きです~

Dsc03383

Dsc03389

そういえば今年は平岡公園に行かなかったな・・・

来年は行きたいなぁ

地味につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の妖精~ニリンソウさん

エゾエンゴサクやカタクリが終盤になると

今度はニリンソウさんが咲き乱れてきます。

咲き乱れるなか、

ミドリニリンソウが出る前の初々しいお姿を

ちょっとだけ・・・

Dsc03136

この時は、まだ数輪しか咲いてませんでした。

Dsc04020

Dsc04019

眠りから覚めたばかり

Dsc04015

写真の整理をしたら、他にも沢山出てきそうですw

今回はあっさりと・・・

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の妖精~カタクリさん

さ、今回も、私の、勉強なのか妄想なのか

どっちもなのか・・・の更新へようこそ

カタクリさんもまた、スプリングエフェメラルの一員

うわっと咲き誇って、子孫を残し、淡雪のように消えていく。

儚いのか、たくましいのか、どっちもなのかのカタクリさん。

昔は葉っぱを茹でて食べたものでしたが、

(昔は根からでんぷんを取ったので、この名前ですが

今は貴重で、そのような事は出来ず、

でんぷんはジャガイモから作りますよね~)

この年になってからのカタクリは、すっかり愛でるお花となりました。

Dsc02478

Dsc02908

今年は各地でカタクリを見ました。

Dsc02938

Dsc02941

エゾエンゴサクとの群落は、夢のような世界

ずっと見ていても飽きません。

Dsc02951

光を受けて透けるとこなんか、もう・・・

Dsc02956

カタクリさんご夫婦

Dsc02954

真ん中のカタクリさん、プリマドンナみたいに光ってます


あ~~~~美しい

Dsc02942

後姿のまた可愛いこと!

Dsc02963


花の中に、お花がある

Dsc03488_2

Dsc03474

白い斑入りの美人さんめっけ

Dsc03473

花開く様子もなんとも・・・

園芸種に

Dsc03207

Dsc03189

キバナノカタクリはありますが・・・

Dsc03630

今年初めて出会ったのは、雨のニセコ

散々濡れて行き着いた公園の天辺

Dsc03606

カタクリ界のプリンスが私を待っていてくれました

Dsc03649

感動しまくって、雨なのに地面に這い蹲り

汚くなりながらのご対面です

なんと、美しいってか、神々しいこのお姿

ほんと、嬉しかったなぁ

Dsc03588

Dsc03643

Dsc03641


雨上がり

Dsc03683


恵みの雨

そして、春の日差し

また来年出会えるかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)