旅行・地域

なよ散歩特別編~礼文島 ⑦ 最終回!礼文島は確かに花の浮島だったの巻

Dsc08950

Dsc08955

元地灯台まであと2.5km

道は緩やかな下りのはず・・・

Dsc08952

チシマフウロ

Dsc08954

チシマゲンゲ

Dsc08956

ウメバチソウ 残念ながら蕾・・・

Dsc08959

Dsc08961

Dsc08964

ほんと、青いです

Dsc08963

Dsc08967

Dsc08969

Dsc08970

オニシモツケと青い海

帰ってきてから写真を見ても、感動できます

Dsc08973

Dsc08975

ツリガネニンジン

Dsc08977

Dsc08978

このオニシモツケ、お花のつき方が変わってる・・・

まんまる・・・??

Dsc08981

Dsc08982

Dsc08987

12:30

Dsc08988

Dsc08991

青い海を見ながら歩くとつまづくので、どうぞご注意をw

Dsc08992

200mくらいの標高の尾根沿いを歩くのですが、

これが、まるで、もっと高い山に登っているかのような

そんな不思議な錯覚に襲われます

Dsc09001

Dsc09002

猫岩

Dsc08994

Dsc08995

エゾニュウは巨大で存在感たっぷりだし

(またもエゾニュウですみません)

Dsc08998

エゾノヨロイグサは、スラっとしてすましてるし

イブキトラノオは、楽しげににょんにょんしてるし

オニシモツケは、ふわふわした白い雪が積もっているようだし

ミソガワソウも、結構自己主張激しそう

Dsc09011_2

若い頃は山を見てもキレイとかカッコいいとか

ちっとも思わなかったのですが、目覚めてきましたw

Dsc09023

足元にぽろっと はぐれレブンウスユキソウ

また会えちゃった

Dsc09024

家の近くにも群生してる花の株下に、レブンウスユキソウが咲いている

もしかしたら、うちの近所にもレブンウスユキソウが咲いているんじゃないか?

咲いていたらどうしよう!

咲いてるわけ無い~と頭の中ぐるぐる

Dsc09025

ヤマブキショウマも飽きるほど見てしまった(飽きないけど)

さすが、花の浮島と呼ばれる礼文島

Dsc09027

Dsc09026

キンバイの谷 12:50

これから、ちょっと勾配がついた、つばめ山を登ります

Dsc09029

何気に、さりげなく咲いているレブンウスユキソウ

すると・・・

見つけちゃった

ウメシュン図鑑で見たときから会いたかったシリーズ

Dsc09032

リシリソウ

Dsc09037

あちこちに咲いてました!!

Dsc09047


Dsc09050

腺体が黄緑のハート

So cute So sweet Soso pretty

Lovely  Charming

思わず外人になってしまうほどの可愛さ

Dsc09054

Dsc09065

ハアハア・・・(可愛い・・・)

この時はもう、左にリシリソウ、右にレブンウスユキソウで・・・

胸の高鳴りが止まりませんでした。

Dsc09044

Dsc09039

Dsc09042

Dsc09045

Dsc09046

イブキジャコウソウの葉

タイムの葉っぱに似てると思ったら、学名が

Thymus quinquecostatus

ハーブのタイムはそういえば別名、タチジャコウソウ

Thymus vulgaris

ジャパニーズタイムだ!そうだったのか!!

Dsc09071

キタノコギリソウ

こちらも、セイヨウノコギリソウ(ヤロウ)の仲間ですな

Dsc09073

つばめ山の途中で振り返る

Dsc09076

なぜこんな所にハマエンドウ?と思って撮影した一枚

調べたら、エゾノレンリソウでした。

そっくりだ~

Dsc09081

Dsc09083

なんたる贅沢な道!

Img_1745

下りは足イタイ・・・

Dsc09092

海とミソガワソウ、青さ対決中

Dsc09093

そよそよ 風になびくイブキトラノオ

Dsc09097

むむ!

カモメの群れ発見

Dsc09099

いわしの大群でもいるのかな?

Dsc09112

Dsc09113

まだ雪が残ってるんですね

Dsc09116

何故かセリ科の種に埋もれる ミヤマキンポウゲの花

シュール

Dsc09114

元地灯台が見えてきました

Dsc09120

Dsc09122

Dsc09127

Dsc09132

ヤマハハコ

Dsc09137

だってエゾニュウが映りたいって・・・ww

Dsc09143

Dsc09160

ウツボグサの大群みっけ!

これも夏枯草(カゴソウ)という生薬

花が咲いた後、すぐに褐色に変色するのが由来

利尿や消炎作用といった薬効があり、

かつて、扁桃腺炎の治療に用いられました

英語名は、セルフヒール(selfheal)

「自ら癒す」

何と素晴らしいウツボグサ!!

見習いたい!!

Dsc09145

Dsc09161

Dsc09146

Dsc09153

ところで、海にいるウツボかと思ったら、

武士の矢筒のようです(ははは)

ウツボが口開けてるところかと・・・

Dsc09167

さぁ、そんなウツボグサを褒めましたが、このイワベンケイも

実は恐ろしい力をお持ちのスーパースター

神農本草経で、紅景天(イワベンケイ)は、

上品(ジョウホン)120種の74番目に位置していて

一部では幻の薬草といわれているようです。

「不老延年軽身益気を欲するものが飲むべき野草」との記述あり。

 復習 
上品~無毒で長期服用が可能な養命薬
中品~毒にもなり得る養性薬
下品~毒が強く長期服用が不可能な治病薬

んー。軽身益気のみ欲しいなぁ

なにやらショウジョウバエにこの草を摂取させたら

統計的有位に寿命が延びたという実験結果も。。。

マニアックになってきたのでやめますが、

今まであげた草花もちらりと調べたら、出てくるわ出てくるわ・・・

(私の好きなエゾニュウも・・・)

礼文島は、貴重な薬草の浮島でもあると思います

(いや、なにより癒されますよ)

Dsc09173

Dsc09178

エゾゴマナ

Dsc09182_2

知床バス停に着きました。

あと30分程でフェリーターミナル行きのバスが来ます。

(余裕をもってのゴール!)14:22

北のカナリアパークは、時間切れで今回は行けませんでした。

(北のカナリアたちは、昨日見たばかりww)
Dsc09185

Dsc09188

エゾオグルマとハマベンケイソウ

Dsc09187

Dsc09189

Dsc09190

Dsc09194

バス停でおにぎりを食べてましたら、

地元のおばちゃんがお焼きをくれました

なんと!嬉しかったぁ!!ありがとうございました!

「また、礼文に来てね!」

来ますとも!来ますとも!!

Img_1754

礼文島 お焼きの誓い

Img_1755

名残惜しいけど、帰ります・・・

Dsc09202

バスから・・・

沢山、こだま(@もののけ姫)がいるように見えちゃう・・・ww

Dsc09208

Dsc09209

礼文島お疲れさん会

Dsc09210_2

リボンプロジェクトにも参加!

Dsc09211

フェリーへ

利尻経由で稚内へ

Dsc09214

Dsc09216

Dsc09217

Img_1716

利尻富士に長い羽を沿わせて進む孔雀に見えました

Dsc09226

Dsc09230

Dsc09233

Dsc09235

Dsc09239

Dsc09242

Dsc09245

一瞬の利尻島(非常に沢山の乗客が乗ってきて、ミチミチ)

Dsc09258

Dsc09263

Dsc09266

Dsc09271

揺れて完全にパノラマに出来ず・・・

Dsc09267

Dsc09280

Dsc09286

Dsc09294

礼文島、ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ⑥ お花畑桃岩へ

Img_1739

↑まだ見てる(笑)

レブンウスユキソウ群生地から見る利尻岳

Dsc08830

ココから引き返して、今度は桃岩コースへ行きます

お花畑に期待

Dsc08828

タカネナナカマドの実

Dsc08805

イワベンケイ

Dsc08836

利尻を望みながらの下りでしたが、右足の靴ずれが痛くなってきて

除圧しつつ、よたよた。

お花が待ってる!頑張れ!自分を鼓舞しながらすすみます

Dsc08838

Dsc08840

クモキリソウ

Dsc08848

Dsc08844

ノハラナデシコ

Dsc08852

Dsc08853

モウズイカ

Dsc08855

カトウハコベっぽい(ピン来てない!)

Dsc08858

舗装道路まで戻ってきました! 11:17

ココから、桃岩展望台へと続く道を行きますよ~

Dsc08864

にょんにょんしてるのは、イブキトラノオ

Dsc08865

ミツバチも大好きみたいで、沢山来ていましたよ

Dsc08867

風に揺れて、なんとも爽やか

Dsc08868

振り返っても にょんにょん

Dsc08870

イブキトラノオと一緒に歩きます

Dsc08871

エゾノヨロイグサとイブキトラノオ

Dsc08872

舗装道路から細道へGO!!

Dsc08875

Dsc08879

ミソガワソウ

Dsc08884

Dsc08887

エゾニュウにもぐりこむ蜂さん

Dsc08891

Dsc08893

Dsc08894

Dsc08896

沢山のエゾノシモツケソウ

歩くだけで心が弾む道です

Dsc08900

Img_1742

Dsc08901

Dsc08903

エゾニュウとオオカサモチ

(今日もエゾニュウ爆発です

Dsc08904

ミヤマキンポウゲかな

Dsc08905

Dsc08906

景色に見とれて歩きにくいです(笑)

Dsc08908

Dsc08910

桃岩展望台 227m 到着 11:40

Dsc08915

ひゃ~!

もしかして、もしかしたら、6月はこの谷がエゾノハクサンイチゲの群落だった??

(6月も行きたいアピール)

Dsc08917

右側の岩は桃岩、海に浮かんでるのが猫岩

Dsc08928

Dsc08927

猫みみが確かに

Dsc08919

Dsc08920

遠くに稚内が見えます

Dsc08922

なかなか雲が取れません

Dsc08935

Dsc08931

レブンソウ

Dsc08923

おにぎりターイム(ツバメも飛んでます)

さて、余談ですが、ここのお手洗いは200m下・・・

勾配がきついので、往復でまた汗をかいてしまいました

Dsc08945

次は元地灯台を目指しますよ

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ⑤ 2日目 フェリーターミナル~レブンウスユキソウ群生地

礼文島 2日目の朝も早い

早々に起床、朝風呂に入り、本日分の水分確保後

1人お散歩へ

Dsc08577

おはにゃん

Dsc08579

昨日のムラサキウマゴヤシちゃんのもとへ

Dsc08590

朝日がきつくてうまく撮影できないけど、会いに行ってよかった

夜中?鳥にやられたのか、ボロボロなアゲハに遭遇

Dsc08594

Dsc08600

少し灰色ベースのハクセキレイ発見

Dsc08595

すでに、空は青いし天高い

Dsc08596

絶好調なすずめちゃんにはずっと話しかけられるし

Dsc08601

Dsc08604

Dsc08605

海岸に出ると青い海

Dsc08598

今日もいいお天気で楽しくなりそうな予感がします

Dsc08611

元気もりもり、ご飯をおかわり

この先は売店等無い山道。

お店の方に相談して、おにぎりを作っていただきました!

ご飯の後はチェックアウトをし、フェリー乗り場まで送っていただきました。

(何から何までありがとうございます)

今日はどんなお花に出会えるのか?

ワクワクしてニコニコ

Dsc08613

Dsc08612

(あ、写真はみんな、多分大きくなるはずです)

Dsc08614

Dsc08617

筋肉痛だし、靴擦れで足も痛いけど

2日目スタート 8:30

夕方のフェリーまで、時間配分はタイトです

Dsc08618

Dsc08619

振り返ると利尻富士

本日は利尻三昧になる予感

Dsc08621

桃岩展望台の方に進みます

Dsc08623

イケマ

Dsc08629

エゾニュウ、今日もよろしく

Dsc08631

ヨツバヒヨドリ

Dsc08635

舗装道路を延々と登ります

桃岩が見えてきましたが、後で行きますよ~

Dsc08636

目指すはレブンウスユキソウ群生地

ホントはその先の礼文滝や

香深から香深井までの礼文林道コースを行きたかったのですが

時間的に無理。次回は行ってみたいなぁ

Dsc08637

長く続く細い砂利道

車の通行は奨励されていないようですが、

時々通るので、注意が必要です。

Dsc08648

Dsc08639

マルバトウキかな??

Dsc08640

小花が一様に咲いてますな。ハナウドとちょっと違う

ヨーロッパトウキは天使のハーブ、アンジェリカだから、

同じような作用がありそう?

漢方も難しそうだけど、メディカルハーブと同源だと思っちゃうのは

私の勉強不足かなー

私も、早く当帰やアンジェリカに出会えてたら、

また違った人生を歩んでたかしら?

Dsc08642

ハイオトギリ

オトギリソウの逸話が想像できる、褐色の点々がみえます

この黒点には、ヒペリシンが含まれます。

(ヒペリシンはセロトニンの分泌を増やす働きがあります。

しかし、有効性もあれば有害成分もあり、それを語ると長くなるので割愛します)

煎じた汁には止血や収斂作用もあり、昔から薬用植物として使われたようですね。

漢方に使われる薬用植物が沢山!まさに宝の山ですな。

Dsc08645

立派なオオウバユリになりそうですね!

Dsc08647

気持ちの良い林道

Dsc08653

Dsc08665

Dsc08666

草の陰に、クモキリソウが!

暗くてよく撮れなくて残念!!

非常に地味なので、発見できて嬉しい

こんな感じの花で、スズムシソウって花も探してたんですが

残念(あ!利尻にしか無いって辞典に書いてあった!無いはずよねぇ)

Dsc08657

葉っぱの形が可愛らしい

Dsc08659

ミヤマアカバナに似てる感じ~

Dsc08671

Dsc08674

ヤマブキショウマの花

Dsc08676

カラフトゲンゲ?

Dsc08678

明治時代に火事が起き、森林を消失してしまった後

右側の谷は植林されています。

Dsc08680

にゃんと!イチヤクソウ発見

しかも、沢山!!

Dsc08681

Dsc08683

近くを歩いてた花ガイドさんは、カラフトイチヤクソウと言ってたのですが

Dsc08687

カラフトイチヤクソウもエゾイチヤクソウもか花柱が曲がらなく

エゾイチヤクソウは花柱が突き出ない(梅沢俊さんの図鑑によれば)

花柱が曲がるのはイチヤクソウとジンヨウイチヤクソウと

コバノイチヤクソウ。

ジンヨウイチヤクソウとは葉っぱが違うから削除でしょ?

したら、一番近いのは突き出て曲がる花柱を持ったコバノイチヤクソウ

でーも、利尻にしかないマーク・・・

わかりません!!

でも美しかったです

そんなこんなで、群生地に至る前に発見

Dsc08693

Dsc08697

レブンウスユキソウ

自然にいる、そのままのお姿に感涙

Dsc08700

純白とはこのことだわ!

Dsc08698

Dsc08709

ヒロハクサフジ

Dsc08703

エゾカワラナデシコ

Dsc08706

Dsc08722

イブキトラノオ

Dsc08713

コウリンタンポポでさえ、美しく見える礼文島の素晴らしさ

Dsc08715

ヤマブキショウマの道

Dsc08717

ミソガワソウ

Dsc08720

レブンシオガマになるのか?今の所はキタヨツバシオガマ

(ウメシュン先生によれば、レブンシオガマは大型で、

葉は5~6枚輪生、花の段も10段以上の輪生の株をいうようです)

Dsc08725

Dsc08726

エゾニュウ生き生き!

Dsc08728

エゾニュウもりもり!!

Dsc08729

エゾニュウ爆発!!!

Dsc08730

北海道のエゾニュウ:第一回配本「礼文島のエゾニュウ」を

作れそうなくらいエゾニュウの写真がww(誰得?)

Dsc08731

ちょっと横道へ見晴台へ

Dsc08733

Dsc08734

Dsc08735

(パノラマ撮らなかったので、脳内でパノラマ化)

Dsc08738

Dsc08743_2

カラフトニンジンっぽい株

根元はイブキジャコウソウの葉か?

Dsc08745

9:43 (1時間13分経過)

Dsc08746

絶景ですな!

Dsc08747

植林はしているけれど、厳しい自然環境でもあり

なかなか、もとの自然には戻らないそうです

Dsc08748

Dsc08749

ロゼット状になったシロツメクサ

自然からの贈り物です

Dsc08752

岩場にて、これもマルバトウキかな

Dsc08753

エゾノシシウドっぽいのも見えます

Dsc08761

シラネニンジンっぽい

時間があったらセリ科の判定も楽しそうです!

Dsc08754

Dsc08756

イワツツジの実

赤い実が可愛い

Dsc08765

Dsc08758

ガンコウランの実

Dsc08759

茶畑のような感じだけどちがーう

Dsc08762

Dsc08763

Dsc08767

遠くに目的地、レブンウスユキソウ群生地が見えます

Dsc08768

海が青い

Dsc08772

見てると幸せになります

Dsc08773

Dsc08782

エゾノヨロイグサ

Dsc08774

Dsc08780

キタノコギリソウ

Dsc08783

10:00 着きました!

Dsc08784

レブンウスユキソウの群生地です

Dsc08786

Dsc08792

Dsc08796

Dsc08802

Dsc08807

Dsc08822

Dsc08810

Dsc08794

谷の下のほうにも沢山咲いていました

この谷で、是非ともしたかったこと・・・

Photo

お そ ろ 

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ④鉄府~晩御飯でバタンキュー

Dsc08395

さて、にゃんこの甘い罠を逃れた私たち

ココから澄海岬を目指します。

あ、植物については一生懸命調べてますが、

間違っていたらすみません。

Dsc08396

この頃から少し晴れてきました

Dsc08400

しかし、この坂結構な難所ですよ!

Dsc08399

エゾゴマナ

ハヒハヒいいつつ、振り返ると・・・

Dsc08403

Dsc08404

いきなりの青い海

今までの曇りは一体なんだったの??

Dsc08406

Dsc08409

トウゲブキって咲き方が面白い

球根から、いきなり花が咲くように見えます

Dsc08410

これ、細いですが道です

Dsc08425

Dsc08418

しかし、エゾニュウには青い空がとても似合いますな!

Dsc08426

稲穂ノ岬

Dsc08430

Dsc08433

絶景を背にひたすら登ります

Dsc08435

Dsc08441

Dsc08443

西上泊の集落と澄海岬が見えます

何か食べれる予感に胸が膨らみます

Dsc08444

13:24 ココで4時間経過~

Dsc08446

Dsc08445

ゴメちゃんたちが並んでます

Dsc08447

車で来ることは出来るようです

Dsc08449

ん!

西上泊って、ニシウエントマリって読むの!!?

・・・読めなかった~~~

Dsc08453

Dsc08454

うっ

ココは沖縄??

海が綺麗過ぎるんですが・・・

Dsc08455

澄んだ海と書いて、澄海(スカイ)岬

最近の、子供の名づけに使われそう・・・

Dsc08459

すぐ手前が澄海岬、その奥が稲穂ノ岬、一番奥がゴロタ岬~

Dsc08463

こちらの岬は、中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」の

PVを撮った場所らしく、帰ってきてから調べたら、

確かにそうでした!

あ~~~~~

もうお腹すいた~~~~~~

てなわけで、

Dsc08469

じゅう~~~

Dsc08470

じゅわ~~~

Dsc08468

トド肉も食べちゃえ

Dsc08471

タコにホタテにトドにジャガイモ

足りずにおかわりする始末(笑)

歩くって、お腹が空きますね

水分も補充して、今度は宿まで歩きます。

Dsc08472

遠めに見て、オオハナウドかな?

たたずまいが美しい。美人さんだ!

Dsc08473

Dsc08475

この後は舗装された道をひたすらてくてく

礼文島なのに、北なのに、何故にこんなに暑い??

27℃位はあったような。そして照り返しでさらに暑い。

Dsc08476

Dsc08477

レブンアツモリソウ群生地は、6/22で閉園したようです。

(いいもん、北大植物園で見たからと、負け惜しみを言ってみる)

Dsc08483

Dsc08484

ヤナギラン

Dsc08486

私の好きな、独活の実がついてきましたね!

Dsc08487

Dsc08488

浜中のトイレ 15:00 (5時間半経過)

岬めぐりコースの標準的行程は、スコトン岬から浜中まで

13km 約5時間20分との事なので、いいとこだったのでは??

(花に興味ない夫のヒトは、時間の関係もあるけど

ずいずい行っちゃうんだもん)

Dsc08491

道路沿いをほてほて歩いていくと、なにやら赤い鳥がいます。

双眼鏡で見ると、ベニマシコでした!

でも、写真に撮ろうとすると

強風の中細い枝先にとまって、

重みでぐい~~~んとなり、撮影できず

でもこの子は・・・

Dsc08493

Dsc08494

ベニマシコの♀かな??

Dsc08497

Dsc08498

海辺に出れそうですよ~

Dsc08502

沖にはゴマちゃんが、ごろごろお昼寝

Dsc08503

Dsc08518

Dsc08506

Dsc08507

それにしても澄んだ海です

Dsc08511

Dsc08522

丸い穴あきの貝殻も沢山落ちてます。

ツメタ貝という貝が、酸性の液を分泌し

殻に穴を開けて中身を食べてしまうそう。

・・・ということは沢山ツメタ貝が居るのですね!

(想像すると、ちと怖い)

遊びながら海岸を歩いていくうちに、とっくに

宿を追い越して歩いていってしまっていることが発覚!

またも余計に歩いてしまい、お尻の付け根が筋肉痛

でも、回り道をした私にステキな出会いが

10447831_534364546690307_4259926043

↑普通のムラサキウマゴヤシ

うす紫色です

しかし!

Dsc08523

ブルーバージョンなんたること

(すいません、こんな事で興奮する人で・・・)

Dsc08525

この色なんて、この色なんて、

なんてステキ

これぞレブンウマゴヤシです!(勝手に命名)

Dsc08529

Dsc08528

この色もエレガント

Dsc08530

うすピンクの子も!

Dsc08532

なかなかお宿に入れません!

礼文島恐るべし

Dsc08535

1泊ですが、お世話になります o(_ _)o 16:04

Dsc08536

Dsc08537

すぐ前は久種湖の展望台

行くしかないっしょ!

Dsc08541

船泊の海岸

Dsc08545

最北の湖 久種湖

Dsc08546

右は湖、左は海

Dsc08549

木道を下ると、オオウバユリなども・・・

Dsc08551

イケマ

Dsc08554

湖畔コースも楽しそうですね!

Dsc08556

ヨーロッパタイトゴメというらしい(帰化植物)

Dsc08559

宿に帰ってきて、お風呂入って、ようやくゆっくり(笑)

そ、し、て・・・・・・・・

Dsc08565

晩御飯

お腹空きました

Dsc08566

ソイ刺身、激ウマでした!

Dsc08567

巨大海老

Dsc08568

ホイルとって無いけど・・・毛蟹~

しっかりした身入り

Dsc08570

なまこ

Dsc08572

ウニ~~~~!!!!

Dsc08573

モズク~

そして、ホタテや旬の魚の煮魚

ビールは飲みますが、ご飯も一緒に食べるのが

なよ家のしきたり←?

Dsc08576

美味しかったです

そして、食べ終わったら,エゾセンニュウの鳴く中、

静かに寝静まるのでした(こどもか)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ③鮑古丹入口~鉄府集落ニャンコトラップ

Dsc08152

さて、ゴロタ岬を目指し、地道に花散歩は続く・・・

Dsc08156

いい感じの道になって来ましたよー!

Dsc08160

レブンシオガマやエゾノヨロイグサが見えます

そして、海

Dsc08161

Dsc08162

Dsc08159

Dsc08179

Dsc08187

エゾノコギリソウ

Dsc08168

Dsc08180

ツリガネニンジンの花

Dsc08170

ヤマブキショウマさんたち

Dsc08184

Dsc08174

風に揺れるアキカラマツさん

Dsc08176

Dsc08178

Dsc08182

ハイオトギリかな

Dsc08188

Dsc08189

Dsc08190

すぐ下は崖

Dsc08193

ヨモギとチシマアザミをかき分けて進みます

Dsc08194

Dsc08196

生命力を感じすぎるエゾニュウ

Dsc08197

Dsc08198

Dsc08205

上からミソガワソウ

Dsc08206

レブンシオガマの道

Dsc08207

スコトン岬方面を望む

そして、またも、

あああ

Dsc08209

2輪だけ咲いていた、エゾウメバチソウ

梅俊の(梅沢俊さん)の山の花図鑑を見ていて

一目惚れしたお花!

Dsc08213

黄緑色の、水面に水を落としたような模様・・・

仮雄蕊(カユウズイ)というようですが、なんと繊細で

美しいことか!!さらに純白の花びらに入った、

ラインのしなやかなことか!!

もう、綺麗です~~~~(ふるふるしてます)

Dsc08221

もう、

礼文島最高

Dsc08217

セッカツメクサ(シロバナアカツメクサ)

Dsc08224

ヤマハハコ

Dsc08225

ハイオトギリたち

Dsc08227

Dsc08234

Dsc08231_2

Dsc08236

アカネムグラ

花は5裂に分かれるのが多いらしいけど、

6裂に分かれる花を発見!

ふふっ

ラッキーアカネムグラじゃ

Dsc08237

ゴロタ岬 11:00(約30分おし)ココまでで約3.5km

Dsc08239

濃霧っているけど、もしかして晴れてたらココから

利尻が見えるのでは??

Dsc08243

ツバメも飛ぶ

Dsc08244

Dsc08251

濃霧のため趣いっぱい

Dsc08238

ミミナグサのしぼんだの(多分)

Dsc08252

植物たちの植生を傷つけないように、気をつけて歩きます

Dsc08290

Dsc08265

Dsc08293

なんども出てくるw ミソガワソウ

セージに似てます。シソ科の植物

Dsc08276

Dsc08280

右手にゴロタ浜を見つつ、アップダウンのある道を行きます

次に目指すは、鉄府(テップ)

Dsc08277

Dsc08281

レブンシオガマとハマニンニク

Dsc08282

オオダイコンソウ(終り気味)

Dsc08303

チシマアザミ

Dsc08307

Dsc08310

クサフジ

シュンシュンしてるのは、ハマニンニク?

Dsc08308

花が開いてるのが無かったので、

多分、ヒメゴヨウイチゴかと

Dsc08315

エゾニュウ、ニョキッ

Dsc08317

Dsc08322

エゾノシモツケソウ

(エゾシモツケに字面は似るが、全く違う花。紛らわしい~)

Dsc08326

巨大オオカサモチ

Dsc08328

エゾノヨロイグサ

Dsc08331

トウゲブキ

Dsc08332

くだり~

Dsc08336

見上げてみるが、結構な坂道

Dsc08340

降りると、鉄府まで1.5km

Dsc08341

エゾノシシウドかなぁ

Dsc08344

海岸沿いを行きます

Dsc08349

キタノコギリソウ

Dsc08351

枯れたエゾニュウをソングポストに・・・コヨシキリ

Dsc08353

エゾニュウ好きは、すぐエゾニュウを撮影ww

Dsc08355

Dsc08356

鉄府まで案内してくださいませ

Dsc08357

Dsc08358

そろそろ集落

こぼれダネで増えたのか?マロウが所々に沢山

Dsc08362

エゾオグルマ

糸状に見えるのは、苞

Dsc08364

Dsc08365

ハマニガナ

Dsc08366

Dsc08367

ハマボウフウ

(一度食べてみたい!)

Dsc08373

よく見ると、可愛いらしい白いお花

Dsc08369

この後お花が咲くのかな??

調べるとコモチレンゲ(レブンイワレンゲ)の葉のよう

この後、面白い形になるようだ。

Dsc08374

Dsc08376

なんだろ?これ??

ハイネズかリシリビャクシンのようだけど・・・

不思議な模様の実がついてます。

Dsc08382

を!看板です

澄海岬のある西上泊までは、あと2.5km 

時間は12:27 出発から約3時間経過

そこで!(長いのでそろそろ切ります)

Dsc08383

にゃんこ発見

Dsc08386

Dsc08387

Dsc08391

Dsc08388

懐っこい子が来た!

Dsc08390

Dsc08392

Dsc08384

夫のヒト、空前の大人気

そして、私たちはまんまと可愛い罠に嵌ったのでありました

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ②スコトン岬~鮑古丹入口まで

さて、スコトン岬に着きましたよ!

スコトン・・・変わった響きです。

アイヌ語で、ス-コタン。夏の集落という意味らしいです。

スコトンなのか、ストコンなのか、ストンコなのか・・・

何回も間違いました

Dsc07996

Dsc08022

右側の大きい島が、トド島

Dsc08019

Dsc07994

ここにはゴマちゃんは居なかったような・・・

Dsc08008

この日は濃霧注意報が出ていましたし、あいにくの曇り

でも、嬉しくて、何枚も曇り写真撮っちゃいました

Dsc08047

Dsc08048

ちらりと昆布味のソフトクリーム

そして、ココから岬めぐりコースが始まります。

なんでも、昔は4時間コースと名前がついていたらしいのですが

4時間では廻りきれないという事で観光協会が名称変更したとか。

寄り道の多い私は、どの位でゴールできるでしょう(笑)

(↑一緒に行くヒトは笑いごとではないんだけど)

コース自体は全長13km(プラス、宿まで1.5km位)

Dsc08049

9:30位のスタートとなりました。舗装道路沿いに歩きます。

ココからまず目指すのは、標高179mのゴロタ岬。

少しは晴れてくれるといいんだけど・・・

お花を見つつの散歩です!

Dsc08011

Dsc08045

トウゲブキ

ブーケのよう!

Dsc08030

Dsc08138

Dsc08140

エゾカワラナデシコ

花びらの先がサギソウみたいな感じになってますな

Dsc08026

シロヨモギ

Dsc08025

Dsc08031

Dsc08034

エゾオグルマ(チシマオグルマ)

Dsc08041

ハマボウフウ

Dsc08055

オオバナノミミナグサ

Dsc08057

ハチジョウナ っぽい

ああっ

Dsc08058

第1島ニャン発見

Dsc08059

結構こわもてですが、尻尾が立ってますぞよ

Dsc08061

Dsc08107

Dsc08110

両親指立てて、イェ~~~イ

チシマワレモコウ

Dsc08063

Dsc08066

立派なエゾニュウに圧倒されます。

Dsc08067

あれ?随分進んだ気がしてたけど、まだココだったww

Dsc08069

歩きやすい舗装の道

Dsc08070

看板も沢山立ってます

Dsc08073

白浜漁港

Dsc08077

ミソガワソウ

Dsc08078

ところどころ、エゾノシモツケソウかオニシモツケが群生してます

Dsc08079

キタヨツバシオガマ?

レブンシオガマはもっと立派なのかな??

Dsc08081

ヨブスマソウ

Dsc08082

うわっ!沢山!

Dsc08084

Dsc08092

Dsc08093

Dsc08131

チシマフウロ

Dsc08094

花びらのない花、アキカラマツ

Dsc08095

Dsc08102

ヤマブキショウマ

Dsc08104

これって?前に調べた覚えがあるのですが、失認・・・

Dsc08105

さりげなく、飾りの無い感じが私好み

Dsc08106

花の段がすごいな~10段以上あります!

こういうのをレブンシオガマというのでしょう。

しかし、これ、一斉に咲いてたらさぞや壮観でしょうね

Dsc08114

鳥の頭に見えなくも無い

Dsc08119

イワベンケイの雌花かと

Dsc08121

あー

そういえば、今年はバイケイソウの花を見てない

この感じは咲いていたのですな~

Dsc08123

ツリガネニンジン

振り返ってみると、ツリガネニンジンもいろんなタイプがあったなぁ

Dsc08125

Dsc08126

ピンクだから、これはエゾノシモツケソウかと

Dsc08129

やっとトド島展望台へ 10:24でした。

Dsc08130

遠くにトド島

う~~~ん、お天気だったらもっと綺麗でしょうね

Dsc08135

これは?

ツリガネニンジンの蕾かな??

ひょっとしたらお花が咲くより好きかも

Dsc08137

ん?オトギリソウ?でも花びらがシャープ・・・?

Dsc08143

Dsc08148

エゾカンゾウは終わりごろでした

Dsc08145

マルバトウキっぽいですよ~(セリ科はやはり難しいのだ)

Dsc08146

Dsc08147

エゾノヨロイグサかな

Dsc08150

やっと、鮑古丹入口です。10:35

Dsc08151

ゴロタ岬まであと600m!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なよ散歩特別編~礼文島 ①出発

過去記事が、たまりまくっています

まぁ、そういうことは棚上げして・・・

先日、一泊だけ礼文島に行ってきました

一泊しかしていませんが、歩き通しの旅でした。

楽しかった~

実は結婚記念日がその辺で、どこか行く?と、なり

決定したのは出発の4日前(汗)

フェリー近くの香深のお宿は当然ながら満室。

頑張って予約をした、夫のヒト、グッジョブです

ということで、ひたすら旅の記録をしようと思います。

ご興味のある方は、どうぞ

さて、礼文島へは稚内からフェリーで行きました。

金曜日の夜に出発です。

Dsc07893

途中の風車が、なんだか生き物のよう・・・

Dsc07896

稚内フェリーターミナル

時間は、5:45 天候 曇り

Dsc07900

Dsc07901

フェリーの切符を購入!(片道1人2570円)

Dsc07908

見えるかな?利尻富士

Dsc07909

Dsc07910

一応、トラベルミンを飲みまして、いざ乗船

Dsc07911

6:20 出航

座っては見たものの、曇りの癖に外が気になりお散歩へ・・・

Dsc07915

行ってきま~す

Dsc07916

船と一緒に、目線の高さを飛ぶカモメたち

Dsc07929

Dsc07953

Dsc07963

雲間から、光が少しだけ

Dsc07972

たぶん、オオセグロカモメ

Dsc07978

ウミネコ

北海道には、カモメたちをひっくるめて「ゴメ」という

言葉があり、非常に便利ですん

Dsc07981

着きました レブンウスユキソウがお出迎えです

Dsc07982

長年の夢だった礼文島嬉しい

時間は、8:30

船は揺れなく、船酔いもせず、快適でした。

Dsc07985

今日の予定は、礼文島の北側、岬めぐりコースの

トレッキング。

島内の移動手段は、バスか車やバイクや徒歩

自分たちの車で行けば、フェリー代が高くつくし、

レンタカーも高い。自転車もなかなか大変そうだし・・・

(その点、焼尻/天売島は廻りやすかったです。
http://nayobika.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-bd39.html

もう2年も前の事なのですな・・・懐かしい~!)

何とかバスの時刻表を印刷し、考えに考えて

夫のヒトがコースを吟味してくれたのですが、

前日位までコース変更しつつもバスの時刻が合わない!

そしたら、宿の方が親切に相談に乗ってくれまして

なんと、フェリー乗り場まで迎えに来てくれて、

スコトン岬(礼文の北側、向かって左側の角の岬)まで送ってくれると!!

(あ、もちろんそこは無料ではありませぬよ)

ご好意に感謝

Dsc07987

途中、礼文岳登山の山ガールをおろし・・・

Dsc07988

礼文岳、あいにくの濃霧・・・

Dsc07993

スコトン岬へ

写真は、スコトン岬のトイレ(最北端)

時間は9:17

ココから、礼文島探検スタートです

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルニンジンに会いに行くの巻

最近、お花の夢を連続で見ました。

それも、野草系・・・ww

そういえば、夢に見たツルニンジンは

あそこにあった筈!

お休みの日に出かけてみました。

去年の今頃に行ってたみたいで、

駐車場に行けずにうろうろした覚えがあります。

今回も、ちょこっと迷いましたww←進歩が無いねぇ

Dsc00867s002

ここです〜

Dsc00718s002

赤い実が可愛いです

Dsc00720s002

私の好きな、ツユクサ

Dsc00725s002

ハエドクソウ

この植物は有毒植物で、昔は殺虫剤に使われたようです。

小さいお花が咲いてます。

Dsc00727s001

う〜〜〜〜ん

葉っぱからハクウンボクの実かな??(よくわからない)

Dsc00729s002

見覚えある葉っぱなんだけど・・・

もう、植物園に通い詰めないとわからんよー

Dsc00732s002

Dsc00784s

ドンガイの花

Dsc00733s002

この実って、この後どう変身して行くのか

気になります〜〜〜

パカッと割れて、何かが出て来るの??

想像しながら、にやりと( ̄ー ̄)←怪しいww

Dsc00735s

Dsc00734s

色々な植物の実がなりだしてますね

Dsc00873s002

赤とんぼ、おいで、おいで

Dsc00741s

ふふふ・・・

見ーつけた

河童様 もとい、ツルニンジン様

Dsc00752s

見ーつけたと思い、葉っぱを裏返すと・・・

Dsc00747s

ぷらーん

ちょっとギョッとしますけど、動かないから、我慢・・・

そう云えば、トイレに入ろうと思って、ドアを開けたら

掌大のオオミズアオがいて、息がとまるかと思いました。

豊かな自然と怖い虫は同居なのです・・・

Dsc00808s

でも、会いたかったんですよね〜

Dsc00851s002

Dsc00830_s

Dsc00834_s

Dsc00856_s

Dsc00840_s

ツルニンジンの実も見たいなぁ(結局去年見れなかった・・・)

でもターゲットに出会えて、満足満足

Dsc00746s

ミズヒキの花

Dsc00777s

Dsc00772s

所々で、小さい花火

ウドの花

Dsc00846s002

Dsc00788s

Dsc00807s

美しいなぁ

綺麗だなぁ

可愛いなぁ

いつまでも見ていたいなぁ

そんな気持ち。。。

Dsc00850s002

ホウチャクソウの実かな?葉っぱから見て・・・

(またも、うろ覚え・・・ww)

Dsc00779s

よく歩いた私に、自然のご褒美が!!

Dsc00780s

えへへ

あまーい

Dsc00790s

あ、コレは実ではありませんからね〜

虫こぶっぽい

しかし、虫こぶも美しいですな

お天気は今一で、野鳥の姿は見えませんでしたが、

聞いた事の無い鳥の声を聞きました。

誰だろうなぁ〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アゲハの追っかけ

チョウチョやカエルなどが嫌いな方はご遠慮くださいませ。

Dsc00629_s

ランチバイキングのあと・・・

えこりん村で、アゲハ蝶の追っかけをしてきました。

Dsc00683_s

Dsc00702_s

Dsc00645_s

Dsc00653_s

ブルーのラインがキレイでした

Dsc00397s001

可愛いカエルもいましたし、

Dsc00427s001

Dsc00429s

トンボ達も・・・

自然豊かで好きですねぇ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サマーヌード・・・??

そして、動物と言えば・・・

Dsc00610_s

・・・

サマーカットなアルパカさん

Dsc00595_s

おいでやす〜

ユーモラスなそのお姿ww

Dsc00596_s

とにかく今年の夏は暑くてねぇ・・・

Dsc00604_s

寝るしか無いっすよ(by.アルパカさん)

Dsc00600_s

Dsc00602_s

Dsc00603_s

Dsc00619_s

コチラはプードルカット・・・

Dsc00577_s

Dsc00627_s

耳の後ろをマフマフしたいけど、頭を触られるのは

嫌いらしくて、触れなかったです。

Dsc00615_s

あなたには笑わせて頂きましたww

Dsc00466s

Dsc00571_s

Dsc00578_s

ヤギも羊もラマもいますよー

ってなわけで、

みんな(私だけ?)大好き

しっぽコレクション

Dsc00467s

Dsc00468s

Dsc00572_s

Dsc00573_s

Dsc00588_s

そして、

Dsc00580_s

あ〜、可愛らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧