« なよ散歩特別編~礼文島 ⑥ お花畑桃岩へ | トップページ | 養蜂体験に行って来ました »

なよ散歩特別編~礼文島 ⑦ 最終回!礼文島は確かに花の浮島だったの巻

Dsc08950

Dsc08955

元地灯台まであと2.5km

道は緩やかな下りのはず・・・

Dsc08952

チシマフウロ

Dsc08954

チシマゲンゲ

Dsc08956

ウメバチソウ 残念ながら蕾・・・

Dsc08959

Dsc08961

Dsc08964

ほんと、青いです

Dsc08963

Dsc08967

Dsc08969

Dsc08970

オニシモツケと青い海

帰ってきてから写真を見ても、感動できます

Dsc08973

Dsc08975

ツリガネニンジン

Dsc08977

Dsc08978

このオニシモツケ、お花のつき方が変わってる・・・

まんまる・・・??

Dsc08981

Dsc08982

Dsc08987

12:30

Dsc08988

Dsc08991

青い海を見ながら歩くとつまづくので、どうぞご注意をw

Dsc08992

200mくらいの標高の尾根沿いを歩くのですが、

これが、まるで、もっと高い山に登っているかのような

そんな不思議な錯覚に襲われます

Dsc09001

Dsc09002

猫岩

Dsc08994

Dsc08995

エゾニュウは巨大で存在感たっぷりだし

(またもエゾニュウですみません)

Dsc08998

エゾノヨロイグサは、スラっとしてすましてるし

イブキトラノオは、楽しげににょんにょんしてるし

オニシモツケは、ふわふわした白い雪が積もっているようだし

ミソガワソウも、結構自己主張激しそう

Dsc09011_2

若い頃は山を見てもキレイとかカッコいいとか

ちっとも思わなかったのですが、目覚めてきましたw

Dsc09023

足元にぽろっと はぐれレブンウスユキソウ

また会えちゃった

Dsc09024

家の近くにも群生してる花の株下に、レブンウスユキソウが咲いている

もしかしたら、うちの近所にもレブンウスユキソウが咲いているんじゃないか?

咲いていたらどうしよう!

咲いてるわけ無い~と頭の中ぐるぐる

Dsc09025

ヤマブキショウマも飽きるほど見てしまった(飽きないけど)

さすが、花の浮島と呼ばれる礼文島

Dsc09027

Dsc09026

キンバイの谷 12:50

これから、ちょっと勾配がついた、つばめ山を登ります

Dsc09029

何気に、さりげなく咲いているレブンウスユキソウ

すると・・・

見つけちゃった

ウメシュン図鑑で見たときから会いたかったシリーズ

Dsc09032

リシリソウ

Dsc09037

あちこちに咲いてました!!

Dsc09047


Dsc09050

腺体が黄緑のハート

So cute So sweet Soso pretty

Lovely  Charming

思わず外人になってしまうほどの可愛さ

Dsc09054

Dsc09065

ハアハア・・・(可愛い・・・)

この時はもう、左にリシリソウ、右にレブンウスユキソウで・・・

胸の高鳴りが止まりませんでした。

Dsc09044

Dsc09039

Dsc09042

Dsc09045

Dsc09046

イブキジャコウソウの葉

タイムの葉っぱに似てると思ったら、学名が

Thymus quinquecostatus

ハーブのタイムはそういえば別名、タチジャコウソウ

Thymus vulgaris

ジャパニーズタイムだ!そうだったのか!!

Dsc09071

キタノコギリソウ

こちらも、セイヨウノコギリソウ(ヤロウ)の仲間ですな

Dsc09073

つばめ山の途中で振り返る

Dsc09076

なぜこんな所にハマエンドウ?と思って撮影した一枚

調べたら、エゾノレンリソウでした。

そっくりだ~

Dsc09081

Dsc09083

なんたる贅沢な道!

Img_1745

下りは足イタイ・・・

Dsc09092

海とミソガワソウ、青さ対決中

Dsc09093

そよそよ 風になびくイブキトラノオ

Dsc09097

むむ!

カモメの群れ発見

Dsc09099

いわしの大群でもいるのかな?

Dsc09112

Dsc09113

まだ雪が残ってるんですね

Dsc09116

何故かセリ科の種に埋もれる ミヤマキンポウゲの花

シュール

Dsc09114

元地灯台が見えてきました

Dsc09120

Dsc09122

Dsc09127

Dsc09132

ヤマハハコ

Dsc09137

だってエゾニュウが映りたいって・・・ww

Dsc09143

Dsc09160

ウツボグサの大群みっけ!

これも夏枯草(カゴソウ)という生薬

花が咲いた後、すぐに褐色に変色するのが由来

利尿や消炎作用といった薬効があり、

かつて、扁桃腺炎の治療に用いられました

英語名は、セルフヒール(selfheal)

「自ら癒す」

何と素晴らしいウツボグサ!!

見習いたい!!

Dsc09145

Dsc09161

Dsc09146

Dsc09153

ところで、海にいるウツボかと思ったら、

武士の矢筒のようです(ははは)

ウツボが口開けてるところかと・・・

Dsc09167

さぁ、そんなウツボグサを褒めましたが、このイワベンケイも

実は恐ろしい力をお持ちのスーパースター

神農本草経で、紅景天(イワベンケイ)は、

上品(ジョウホン)120種の74番目に位置していて

一部では幻の薬草といわれているようです。

「不老延年軽身益気を欲するものが飲むべき野草」との記述あり。

 復習 
上品~無毒で長期服用が可能な養命薬
中品~毒にもなり得る養性薬
下品~毒が強く長期服用が不可能な治病薬

んー。軽身益気のみ欲しいなぁ

なにやらショウジョウバエにこの草を摂取させたら

統計的有位に寿命が延びたという実験結果も。。。

マニアックになってきたのでやめますが、

今まであげた草花もちらりと調べたら、出てくるわ出てくるわ・・・

(私の好きなエゾニュウも・・・)

礼文島は、貴重な薬草の浮島でもあると思います

(いや、なにより癒されますよ)

Dsc09173

Dsc09178

エゾゴマナ

Dsc09182_2

知床バス停に着きました。

あと30分程でフェリーターミナル行きのバスが来ます。

(余裕をもってのゴール!)14:22

北のカナリアパークは、時間切れで今回は行けませんでした。

(北のカナリアたちは、昨日見たばかりww)
Dsc09185

Dsc09188

エゾオグルマとハマベンケイソウ

Dsc09187

Dsc09189

Dsc09190

Dsc09194

バス停でおにぎりを食べてましたら、

地元のおばちゃんがお焼きをくれました

なんと!嬉しかったぁ!!ありがとうございました!

「また、礼文に来てね!」

来ますとも!来ますとも!!

Img_1754

礼文島 お焼きの誓い

Img_1755

名残惜しいけど、帰ります・・・

Dsc09202

バスから・・・

沢山、こだま(@もののけ姫)がいるように見えちゃう・・・ww

Dsc09208

Dsc09209

礼文島お疲れさん会

Dsc09210_2

リボンプロジェクトにも参加!

Dsc09211

フェリーへ

利尻経由で稚内へ

Dsc09214

Dsc09216

Dsc09217

Img_1716

利尻富士に長い羽を沿わせて進む孔雀に見えました

Dsc09226

Dsc09230

Dsc09233

Dsc09235

Dsc09239

Dsc09242

Dsc09245

一瞬の利尻島(非常に沢山の乗客が乗ってきて、ミチミチ)

Dsc09258

Dsc09263

Dsc09266

Dsc09271

揺れて完全にパノラマに出来ず・・・

Dsc09267

Dsc09280

Dsc09286

Dsc09294

礼文島、ありがとう

|

« なよ散歩特別編~礼文島 ⑥ お花畑桃岩へ | トップページ | 養蜂体験に行って来ました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なよ散歩特別編~礼文島 ⑦ 最終回!礼文島は確かに花の浮島だったの巻:

« なよ散歩特別編~礼文島 ⑥ お花畑桃岩へ | トップページ | 養蜂体験に行って来ました »