« 実録!アポイ岳登山〜その1準備の巻 | トップページ | 実録!アポイ岳登山〜その3 5合目までは、ハイキング気分 »

実録!アポイ岳登山〜その2高速から様似へ。登山スタート!

南インター辺りでトラックに意地悪されながらも

私たちはススムのでありました

Dsc09325

Dsc09326

時間は4:50(デジカメの記録より)

チームリーダーがわざわざコピーを取ってくれました。

(ありがとう

Dsc09327

前日調べたアポイ岳のお天気は曇り。

最高気温18℃ 最低気温13℃ 

雷雨に油断大敵。紫外線は非常に強い。

高度1000m付近の気温は、9時も15時も15℃位。

風は3m位は吹くかも。

札幌も前日は雨降りだったので、お天気が心配です。

車前方の様子でわかるように、所々濃霧で視界不良でした。

Dsc09336

Dsc09338

雲の切れ間から光が地上へ・・・

天使の梯子ですね

Dsc09340

ちらちらと景色を堪能

高速道路は、

札幌~道央道~苫小牧東IC~日高道~日高門別IC

そこから降りて、海沿いの道を様似まで走るはず。

Dsc09341

コチラは高速を降りたあとのコンビニ

ちょっと休憩を取ります。(5:49)

Dsc09342

あれれ?

朝ご飯は食べたはずだけど・・・ww

(だって、美味しそうだったんだもん

Dsc09345

海が見えて来た!

Dsc09346

馬もいるよ〜

Dsc09349

静内ですね。シンボルマークは馬と桜かぁ

Dsc09352

時々晴れ間も出るようになりました〜

Dsc09355

この街灯も素敵ですな

Dsc09357

むむ!

前方に奇岩が!

親小岩とソビラ岩

様似海岸です〜

わ〜〜〜〜!もうすぐだね〜〜〜♪

みんなの気持ちが弾みます

Dsc09359

後方は塩釜トンネル

北海道で最初の製塩所があったそうです。

トンネルの左にはローソク岩があり、

アイヌの言い伝えでは、巨神アイヌラックルが落とした焼きぐしがローソク岩で

トンネル背後の丘は彼が尻餅をついたあとという事です。

(・・・だから、お土産に尻餅ってぇのがあるのね・・・)

Dsc09361

アポイ山荘です。(7:47)

帰りに温泉に入りたいな

Dsc09362

ん〜

どれがアポイ岳??

登山口付近の駐車場に移動して登山の準備です

Dsc09367

ポンサヌシベツ川

Dsc09369

お天気は晴れ予報が良い方に変わったかな??

記念撮影して、さぁ、出発

友人のクマよけの鈴↓

Dsc09376

雷鳥が可愛い

そう、クマよけの鈴・・・

Dsc09381

でーん

ここアポイ岳は、クマの目撃情報が多いらしいです。

まぁ、今日は日曜日でとても込み合うので、

出て来ないとは思うけど・・・

Dsc09380

でも、気分が高まりますね!

Dsc09382

Dsc09384

準備運動をちょろっとして、さぁ、出発です

(大体、8:20頃)

予定より実は1時間20分押し・・・

でも、余裕を持ってプランを立ててくれてますので

大丈夫らしい・・・

本日のスケジュール

(チームリーダー作)

 3:00 札幌発
 7:00 アポイ岳登山口
 8:30 第4休憩所
 9:00 五合目休憩小屋
10:00 馬の背
11:00 アポイ岳山頂(昼食)
11:30 アポイ岳山頂出発
12:20 馬の背
13:20 五合目休憩小屋
13:40 第4休憩所
15:00 アポイ岳登山口
19:00 札幌着

(入浴時間、含まず)

Dsc09385

どんな花たちが待っててくれるのかな??

Dsc09387

警察にFAXしたうえで、無人入林届けにも記載するリーダー

念入りです

Dsc09389

Dsc09392

橋を渡っての、入山なのでした〜

(続く)

|

« 実録!アポイ岳登山〜その1準備の巻 | トップページ | 実録!アポイ岳登山〜その3 5合目までは、ハイキング気分 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実録!アポイ岳登山〜その2高速から様似へ。登山スタート!:

« 実録!アポイ岳登山〜その1準備の巻 | トップページ | 実録!アポイ岳登山〜その3 5合目までは、ハイキング気分 »