« 北大植物園 温室:その3 | トップページ | ティートリーでうがい »

沈丁花の香り

以前のようなスタイルで更新できるようになって

嬉しくなってます

なので、連続ですが、先日の百合が原公園の写真をば・・・

ここは、春の花展が始まったばかりで、椿もチューリップたちも

ミモザも咲いていて、色とりどり。

Dsc03442

アセビ越しに、大きなミモザの木が見えますね。

今日のお目当ては・・・

Dsc03455

沈丁花

学名は、Daphne odora

ダフネはアポロンに求愛を迫られ自らの身を月桂樹に変えるギリシャ神話の女神。

そういえば、葉っぱが月桂樹に似ています。

odora は、ハーバルセラピスト講習でも学習した、

「芳香がある」って事を意味します。

イランイラン:Cananga odorata

レモンユーカリも、Eucalyptus citriodora 

レモンのような芳香のユーカリっていう意味ですな。

漢方薬としては瑞香花といい、花の部分を歯痛、

咽喉痛、乳がん初期、神経痛などの薬に使ったようです。

(赤い実は有毒のようです・・・)

また、日本名の沈丁花は、香木の沈香(ジンコウ)と

スパイスの丁字(チョウジ)に似た香りがするところから・・・

そして、遠くからでも香るため、七里香や千里香とも呼ばれるようです。

花の芳香は120以上の香気成分から形成され、リナロール、シトロネロール、ネロール、ゲラニオール、ファルネソール、フェニルエチルアルコール、ネロリドール、ベンジルアセテート、シトロネリルアセテート、アセトフェノン、β―イオノン、ローズオキサイド、インドールなどを含むことが明らかになっています。

引用:http://www.eisai.co.jp/museum/herb/familiar/daphne.html

リナロール、ネロール、ファルネソール、ネロリドール、ゲラニオール・・・

私がこの香りを好きな理由が、成分からも明らかですな(笑)

あ、ちょっと趣味に走ってしまってました・・・(笑)

失礼いたしました

Dsc03491_2

ライラックにもちょっと似てますね

うっとりするような香りでしたよ〜

Dsc03438

先月の椿(Camellia japonica)も、花を沢山つけて、

こんもり・・・

Dsc03448

Dsc03449

あぁ、椿の実を大量に収穫して、絞って椿油を作りたいなぁ・・・

Dsc03450

Dsc03458

原種のチューリップたち

Dsc03487

Dsc03560

クレマチス↓もきれいです。

Dsc03479

Dsc03496

ハナモモの白

Dsc03524

Dsc03529

ピンクのハナモモ

Dsc03513

マメザクラ

Dsc03517

ちょっと早く、春を体験出来ました

|

« 北大植物園 温室:その3 | トップページ | ティートリーでうがい »

ハーブ」カテゴリの記事

コメント

沈丁花って、遠くからでも匂いですぐ分かるよね~。
そしてこのお花を見ると必ずポーの一族を思い出しちゃう私…
原種のチューリップ可愛いね。白と紫の、欲しいな~

投稿: イルカねこ | 2013年4月 9日 (火) 15時11分

イルカちゃんおはようございます
コメントありがとです
沈丁花って、北海道のお庭にはあまり無いのかも。
寒さに弱い木なのかな?
でも、いい香りでした〜

原種のチューリップってミニサイズでとても可愛いですね♪
あれなら私も欲しい!
ムスカリとかも欲しいな〜♪
きっと鉢植えになるけど・・・
イルカちゃんとこのお庭には似合いそう

投稿: nayobika | 2013年4月10日 (水) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花の香り:

« 北大植物園 温室:その3 | トップページ | ティートリーでうがい »