« 今日はニャンの日~♪ふっ、ふぅ~~♪♪(古・・・) | トップページ | ホエー多段活用の巻 »

花粉症のブレンドハーブティー

今年の花粉は、例年の5~6倍予測だそうです。

辛いですね。北海道では杉の木が少ないので、

白樺の時期に注意でしょうか?

花粉の飛散量は、前年の夏に晴れた暑い日が

続いた年が多くなるようです。

古代ギリシャの医学者ヒポクラテスによれば、

冬の間、冷たく固まっていた身体が、春になり、

温かく湿った風により動き始めると、

血液が汚れてアレルギー症状が起こるとされています。

春先のこのようなトラブルに対し、

花粉が飛散する1~2ヶ月前から浄血のハーブ、

「ネトル」を摂取するのが有名な春季療法です。

ヨーロッパの方では昔から定着し、習慣化しているそうです。

このネトル、シソっぽい佇まいを見せつつ、

触ろうとしたら、トゲトゲで痒くなってしまうという・・・

なんでも、そのとげの基部にはアセチルコリンと

ヒスタミンを含んだ液体の入った嚢があり、

とげに触れその嚢が破れて皮膚につくと強い痛みが出る様です。

札幌でも仲間を良くみるので、山歩きの時は

触らないように注意が必要です。

Netoru1

日本ではイラクサって言いますが、刺草と書き

別名も痛痛草(イタイタグサ)

そんな感じのネトルですが、効能豊かな性質をお持ちです。

体の中の老廃物の排泄を促進することで、

血液を浄化し、アレルギー性鼻炎や花粉症、

アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患や

痛風といった代謝性疾患を予防する。

また、豊富な鉄分に加えて、ビタミンCが含まれているため

鉄の吸収が高まります。

また、フラボノイド類(クエルセチンなどのフラボノイドや、

ルチンなどのフラボノイド配糖体)も豊富に含まれており、

鉄イオンをキレート化して可溶化するため、吸収が高まると考えられています。

まさに、浄血、造血のハーブ

あ、薀蓄長い?(笑)

私の友人も花粉症を持つ方も多く、

鼻水も頭痛も出るのよねー

・・・てな事で

その方向けハーブティーのブレンドをしてみました。

Dsc01999

今回チラ見したのは、

ローズマリー・グラッドスターさんの著書

メディカルハーブレシピ

あとは、手持ちのハーブでブレンドします。

ブレンドって言っても、難しいコトはありません。

入れて、混ぜるだけです(笑)

Dsc02002

レモンバーム・ネトル・ラベンダー

Dsc02004

湯気からして、いい香り

Dsc02005

レモンバーム・ジャーマンカモミール・パッションフラワー

リンデン(スカルキャップを切らしてました)

Dsc02006   

ネトル・ジャーマンカモミール・ローズヒップ

Dsc02008

ネトル・エルダーフラワー・ウスベニアオイ

Dsc02010

ペパーミント・エルダーフラワー・ウスベニアオイ

ローズヒップ

花粉症の周辺症状を緩和し、リラックスさせてくれる

ハーブティーブレンドになりました。

あと・・・女子には嬉しい美人ブレンドも

Dsc02012

見た目も華やかで美しくなりそう!

ローズ・ヒース・ローズヒップ

Dsc02013

こんなん揃いました

役立ってくれると嬉しいです

|

« 今日はニャンの日~♪ふっ、ふぅ~~♪♪(古・・・) | トップページ | ホエー多段活用の巻 »

ハーブ」カテゴリの記事

コメント

ネトルかぁ。
うちの息子、花粉症だし、貧血気味っていつも言われるから、ちょうどいいかも
痛痛草って、見るからに痛そう

投稿: イルカねこ | 2013年2月25日 (月) 13時28分

イルカちゃんこんばんは
コメントありがとう
ハーブティーって飲んですぐ効くものじゃないから、
その症状にあわせてブレンドしながら続けるといいのかも。
お子さんならカモミールも鉄板ですよね!
イルカちゃんちには、天然の自家製ハーブも沢山あるし、お母さんが淹れてくれたハーブティーで育つなんて、とっても憧れちゃう
イルカちゃんちの子供になりた~い

投稿: nayobika | 2013年2月26日 (火) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症のブレンドハーブティー:

« 今日はニャンの日~♪ふっ、ふぅ~~♪♪(古・・・) | トップページ | ホエー多段活用の巻 »