« 作る日々・・・リース篇 | トップページ | 秋のお散歩~材料探し篇 »

食べ物篇

あと・・・なに作ったっけ?

記憶が薄くなってきましたねぇ・・・(←ボケ)

P1120233

お父さんのトコの唐辛子を干して

種を取ろうとして素手で作業・・・

だんだん手先がひりひりしてきて・・・

P1120229

慌てて手袋をしましたが、時、既に遅し

暫く ひりっとしていました・・・

気をつけましょう~

間違ってもその手で目を擦ったりしないように

P1120231

ミルをかけて

P1120236

一味唐辛子~

うどんや手羽先・・・何でもかんでもかけると美味しいよね

P1110982

10Kg200円で買った、小玉葱・・・

泣きながら調理・・・

P1110983

ソーセージやタイムとコンソメ煮に・・・

なよびか学習帖←久々!

「玉葱を切ると涙が出るのはイソアリインという催涙性前駆物質が
玉葱を切ることによってアリイナーゼという酵素と反応して催涙性物質になるため。
薬効のもとのイオウ化合物である含硫アミノ酸は
玉ねぎに多量に(1kgあたり2~3g)含まれています。
刺激成分が有効成分ですので、目にしみないとか、辛味のない玉ねぎは
薬効が少ない」

・・・んんん??

「ことになりますが、最近は薬効をより高める新品種の開発も進められています。」

ほっ

「この作用は玉葱を切った直後に加熱すると失われますが、
切って室温に15分間以上放置しておくと加熱しても失われません。 
成分間の化学反応で、別の物質(プロペルニルジスルフィド類)が生まれ、

糖尿病で高い血糖値の低下作用や発ガン抑制作用があります。
調理で加熱すると、また別の物質(トリスルフィド類やセパエン類)に変わります。
これらの物質は心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる中性脂肪や
悪玉コレステロールの値を下げます。
血管を詰まらせる血栓を溶かすことも確認されています。
血液をさらさらにし、動脈硬化を防ぐ作用があります。

玉ねぎの含硫アミノ酸は、玉ねぎを切ると、酵素の作用で別の物質
(チオスルフィネート類)に変化します。
これが生でかんだときの強い辛味成分です。
この成分は強い抗菌・殺菌作用があり、コレラ菌を死滅させる力さえ持っています。」

コレラ菌を死滅させる力

どんだけじゃ 

素晴らしい~玉ねぎ!!札幌で作ってるんだから、

もっと食べようぜ!(ニヤリ)

てなワケで、我が家の食卓・・・

もう・・・玉ねぎ三昧・・・

玉ねぎの味噌汁・玉ねぎ炒め・蒸し玉ねぎ・・・

うふふふふ・・・・(←夫のヒト、見てげんなり・・・ww)

あ、また長くなってきちゃった。

Dsc_0708

小樽のかーさんから貰ったミニアワビ

・・・あ、作ったものじゃなかったりして

|

« 作る日々・・・リース篇 | トップページ | 秋のお散歩~材料探し篇 »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

一味ってこうやって作るの。。。そういえばそうよね。自分でできますね。
それに玉ねぎ。。。前回からいろんなものたくさん買ってきてるけど、冬ごもりの準備ですか?
なよ家っていつもごちそう。。。

投稿: かっつん | 2011年11月 5日 (土) 11時28分

かっつんこんにちわん
コメントありがとう
冬かぁ…確かに冬は益々外に出なくなって
引きこもるのよねぇ…( ̄▽ ̄)
玉ねぎはホント重宝するよ!
あと、余市のお父さんのところから
大根やジャガイモ、かぼちゃを頂くので
それらの食材には苦労してません…
ほんと、感謝していますよ。

今まで唐辛子も頂いてたんですが、
一味に出来ることを知らず…
米びつに入れて虫除け~とか
パスタ~中華~
・・・くらいの活用でしたが
ホントこうすると良かったんだよね~
早くやればよかったよ(笑)

ん?ご馳走??
玉ねぎ責めだよ~

投稿: nayobika | 2011年11月 5日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物篇:

« 作る日々・・・リース篇 | トップページ | 秋のお散歩~材料探し篇 »