« 漬け漬け日和 | トップページ | 2011年春 白樺樹液採取の旅-2-白樺のステキ効果とは? »

2011年春 白樺樹液採取の旅-1-

先週の土曜日(16日)の出来事。

P1060185

あいにくのお天気でしたが、大樹町に行ってきました。

大樹町は札幌から4時間くらい。遠いです。

そして、あいにく・・・と言うよりは、

・・・・・4月なのに

と言うよりは、スコールに近いものがあり、

道路は、さながらスプラッシュマウンテン・・・

(ネズミーランドには行った事ありません。ある意味自慢♪)

とにかく遠いので、トマム(↓アルファリゾートトマム)の近く・・・

P1060184

自然体感しむかっぷで(トップページ・・・動物~

休憩タイム。

P1060181

動物を見たり

P1060180

いろいろな種類の木をさわさわしながら、

とうきびスープ・・・

ココにも樹液が・・・

ありがたく頂きました。

P1060182

でも、もしかして・・・樹液ってそれぞれ味が違う?

ちょっと分からないけど、そう思いました。

そして、土砂降りの雲を追い越して走ります。

(運転はワタシでは無いです・・・)

P1060195

靄に煙るこういう風景も、実は好き。

P1060200_2

P1060202

なんだか、六花亭のお菓子が食べたくなります。

P1060187

北海道~って感じでしょ。

P1060191

そして、どこまでも

P1060189

どこまでも

P1060199

ひたすら真っ直ぐ。

P1060203

P1060205

あ!やっと見えた

P1060206

インカルシペ

P1060207

おじさ~~ん!!こんにちは~☆

インカルシペのオーナー、米山さんとは

もうちょっとだけ、顔なじみ・・・

白樺を愛するお方です。

今日は、白樺樹液の採取を見せて頂きたいと思います

さっそく・・・

P1060234

センターハウスの裏の方へ

P1060212

白樺の木にちょっとだけあけた穴から、

ポタポタ来てます

P1060219

白樺の樹液です~

HPより ココの白樺樹液とは・・・

北国の早春、自然からの最初の贈り物がシラカバ樹液です。
まだ雪の残る4月中旬、長い冬の間眠っていたシラカバの
森の木々たちは、来たるべき春のために大地の水を
ぐんくんと吸い上げ始めます。

そのシラカバの木を切ることなく、幹に小さな穴をあけ
その水の一部を分けてもらいます。
幹の穴から静かに落ちてくる雫は、樹液という言葉から
連想するイメージとは異なって、さらさらして透き通っており
一見すると水のようですが、飲んでみるとほのかに甘く、
また様々なミネラルも含まれたとても優れた自然の恵みです。

北欧、ロシア、韓国、中国などの諸外国では、
古来よりこの樹液を漢方薬や健康飲料として愛飲しています。
また近年ではこの樹液を利用した化粧品や
お菓子などの開発も進められています。

幹に穴をあけ樹液を採ってしまったら、
木が枯れてしまうのではないかと思われる方
もいらっしやるでしょうが、その心配はまったくありません。
私たちは白樺が大地から吸い上げる水の、ほんの一部を
おすそ分けしてもらっているのです。
そして本当に水が必要となる芽吹きの時期になると、
穴から流れ出る樹液はぴたりと止まってしまいます。
したがって私たちが樹液を採れるのはそれまでのわずか
約一ヵ月に過ぎません。
その後、穴を木の栓でふさいておくと翌年までにはその穴は
きれいにふさがってしまうのです。

自然の恵みであるこの樹液は、生のままですと冷蔵庫でも
2日くらいしか持ちません。
それを過ぎると白く濁ってしまうのです。
そこで私たちはろ過加熱殺菌をして瓶詰めにしました。
もちろん添加物や保存料は一切使用しておりません。
この100%天然のシラカバ樹液を、皆さんもぜひ味わってみてください。

はい、米山さん、ありがとうございました。

P1060222

実際には、ホースをつけて、ガンガンに受けます。

直射日光に当たったり、熱をもって温かくならないように

工夫して、樹液が溜まるのを待ちます。

P1060223

P1060224

P1060225

P1060226

P1060227

こんな感じです。

P1060229

採取が終了し塞がれてるトコロ。

P1060230

こんな感じです

P1060232

しかし、おじさんも言ってましたが、

こんなに高い木なのに、先っちょまで樹液が循環しているそうです。

そのパワーの源ってなんなんでしょうね。

葉っぱを出すための力なのかな?

な~んて考えてたら、こんな記事が。

http://www.osaka-cu.ac.jp/news/20110418110425/research.html

光合成って本当にすごいですね。

そんな力を持つ植物・・・

きっと地球は、ニンゲンより植物の方が好きだろうなぁ。。。

その後は実際に、樹液採取を体験させていただける事に!

ありがとう~~

・・・なんか、長くないですか?また。

その②に続けよう。。。

|

« 漬け漬け日和 | トップページ | 2011年春 白樺樹液採取の旅-2-白樺のステキ効果とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

手づくり石けん」カテゴリの記事

ハーブ」カテゴリの記事

コメント

北海道の風景だ~
すべて直線に見えるよね。
た畑も木も道も。。。。
樹液採取のレポートありがとう。
読むだけで透明なすがすがしい空気を感じました。
白樺はつい幹しか見ないので、、枝の形は今まで気づきませんでした。
何だか北欧のデザインによく見る木のようだね。
一番最後の写真好き

投稿: かっつん | 2011年4月20日 (水) 21時23分

nayobikaちゃん♪
いや~~~~ん とっても素晴らしい写真に
癒されまくりです

北海道はいいわ~~~
うん、離れたくないです。

白樺樹液の採取楽しんだのでしょうね
ほんと、光合成ってすごい!

植物のパワーに乾杯

投稿: フェーリア | 2011年4月20日 (水) 22時59分

かっつんこんばんは
コメントありがとう~
お天気の北海道は写真で見慣れてるっしょ。
くも~りのお写真をどうじょ
そうですね~あそこは時間の流れもゆっくりで、
透き通った風が吹いているような気がします。
いいですよね~
でもね。怖いものが…夏になったら大きな蛾がいるんだろうな…って。そのこと考えたら、コワイ…
ワタシ、木を下から見上げる構図って大好きなんです。ありがとう。

投稿: nayobika | 2011年4月21日 (木) 18時19分

フェーリアさんこんばんは
コメントありがとう~
うん。北海道いいよね。
ワタシ、大好き
2年間離れた時、暫く泣いて過ごしたもん。
…っていうか、フェリーに乗った時から泣いてた…(笑)
はい!樹液採取体験してきましたよ!
次の記事も見てね☆

投稿: nayobika | 2011年4月21日 (木) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年春 白樺樹液採取の旅-1-:

« 漬け漬け日和 | トップページ | 2011年春 白樺樹液採取の旅-2-白樺のステキ効果とは? »