« 運転とわたし その1 | トップページ | 美味しい!お蕎麦屋さんなのだ »

ポンのこと

ポンは、夫の教えている学生が、側溝に落ちて死にそう
なっているところを拾ってきた。
2008年11月20日のことだ。
メールで、連れて来ていいかと打診された。
その写真・・・・ぶすい

081120_10020001

・・・たぬき?

その日は気温が低く、雨が降っていた
体温が下がり、ほって置いたら天国に召されたかもしれない
暖かいお湯をペットボトルに入れ、タオルで巻き、保温したら、元気になったそうだ。
でも、野良猫らしく、恐怖心のため威嚇攻撃に出ていたとのこと。
うちにはすでに2匹いたが、そういう事情なら仕方ない。

野良だし、うちの子達とは注射など健康チェックをしないと
いっしょにはできない。
二階の客間を隔離部屋として、準備を行った。

帰ってきても、怖くてたまらないのか、
びょんっと飛び出るとともに、物陰に隠れ、威嚇の音を発する。
・・・普通、しゃ~っとか、ふぅ~っとかだと思っていたのですが、

ぷっぷぅ、ぷくぷくっ、ぷぷぷ・・・

こんな音を発しつつ、短いカギしっぽをまん丸にして震えている・・・

なんなの?この音。
しかも、たぬき?

走り方もギクシャクしていて、しっぽがグキグキ動く・・・

ポンコツ?
たぬき?

名前はほぼ決まった。
猫好きの同僚にも、打診してみたがお断りされ、

やつは、家族となった。

まだ、近寄ると異音を発していたころ。

2008_1129003_4

2008_1129009_2 2008_1201003_3 すこしづつ、猫に近づいていってます。

|

« 運転とわたし その1 | トップページ | 美味しい!お蕎麦屋さんなのだ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンのこと:

« 運転とわたし その1 | トップページ | 美味しい!お蕎麦屋さんなのだ »